1. HOME
  2. ブログ
  3. 第二回「狩猟とサウナ」開催しました!

第二回「狩猟とサウナ」開催しました!

6月22日(土)~23日(日)の2日間、第二回「狩猟とサウナ」を開催しました。
雨が降ったりやんだりの梅雨空でしたが、前回よりもさらに大勢のゲストにご来場いただきました。

鹿の解体&ジビエBBQプレート

10時の開場とともに、ゲストが続々と来場。10時半からは、初日の目玉、鹿の解体のスタートです。 丹波山の鉄砲ぶち(猟師) たちが、丹波山で獲れた鹿を一頭まるごとさばいていきます。

丹波山の鹿が丸ごと解体されます。さばくのも丹波山の鉄砲ぶち(猟師)

鹿の解体の後は、清澄白河にある人気イタリアン「taverna Nome」の岩坂弦太郎シェフの手による本格イタリアンジビエプレートをお楽しみいただきました!
鹿のラグーソースは、鹿骨のスープでじっくり煮込んだ肉が口の中でとろけるようでした。

絶妙な焼き加減の鹿バーベキュー。ペンネのラグーソースは鹿肉がトロトロ!

ワークショップ

ワークショップでは、真っ白に漂白した鹿の骨を思い思いの色でペイントして、箸置きやカードホルダーを作ります。
ターナー色彩株式会社様にご提供いただいた画材は、発色がよく優しい色合い。思い出に残る、素敵な作品ができたことでしょう。
そのほか、丸太のたま切りコースターや鹿角アクセサリーの制作もありました。
またファイヤーサイドさんの展示ブースでは大人気の「キンドリングクラッカー(通称:キンクラ!)」等を展示していました。

ワークショップは、お子さまにも人気でした
切株が天然のパレット
発色が美しいターナー色彩のミルクペイント等
ファイヤーサイド展示ブースでは「キンドリングクラッカー」等を展示

今回も、広島県尾道市より絵師であり芸術家の尾道イーハトーヴ代表「園山春二」先生にお越しいただきました!園山先生は尾道市のアイコンにもなっている「福石猫」の生みの親でもある事でも知られています。

現在大きな龍の絵を製作中

屋台にもおいしいモノがずらり

会場に並ぶ屋台からも、おいしい香りがただよってきます。
前回も好評だった「丹波山倶楽部」の猪フランク、かき氷の他にたまごサンドや自家製ピクルス、焼きたてアツアツの「よねさんのピザ」、「BAR NICO」のクラフトジンやクラフトビールなど。
人形町の立ち飲みバル「PLANCHA」は、お店の人気メニュー手羽先のスパイシーカレーを提供。「魔王さんのかっぱ商店」には流行のタピオカミルクティーや駄菓子が並んでいました。

たまごサンドやフルーツサンド、自家製ピクルス等
PLANCHA の手羽先カレー
薪ピザ窯で焼いた焼きたてアツアツのピザ
クラフトジンやクラフトビールなどのお酒がずらりと並ぶ、BAR NICO
駄菓子屋さんみたいに楽しい♪ 魔王さんのかっぱ商店

日没とともに、ナイトサウナ&バーベキュー

日が暮れてくると、ナイトサウナの時間です。ランプに彩られたテントサウナは幻想的な雰囲気です。
ファイヤーピット(焚き火台)の周囲にはだんだんに人が集まり、宴が始まっていきました。

ファイヤーピット(焚き火台)
スウェディッシュトーチ(Swedish torch)が会場の雰囲気を素敵に彩る

一日の始まりはモーニングサウナ

翌日は、モーニングサウナからのスタート。木々に囲まれたキャンプ場で目覚め、川沿いのサウナで一汗を流す、ぜいたくなひと時を過ごせました。

清々しい空気に包まれた 、朝のテントサウナ

今回サウナで使用したヴィヒタは、丹波山産の「クロモジ」。非常に香りがよいことから、和菓子の高級楊枝として利用されていたりします。サウナテント内部は、クロモジの素敵な香りがただよっていました。

丹波山産の「クロモジ」で作ったヴィヒタ

二日目のジビエBBQはフレンチの新津シェフ

サウナですっきり目を覚まし、おなかが空いたところでジビエバーベキューの登場です。
本場フランスでシェフの経験があるフレンチのシェフ新津明さんが、オシャレな鹿料理を提供してくれました。新津さんは「TABA GIBIER」のメニュー開発にも携わってくれた方です。見た目も美しいワンプレートは、レストランのメイン料理のようでした。

シェフ新津明さん
目でも味わえる新津シェフのワンプレート

今回は梅雨の雨模様の開催でしたが、大勢の方々にご来場いただきました。ありがとうございました。
次回は秋の開催予定です。またお目にかかりましょう!

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事